チケットを購入

福岡で開催される
日本最大級のECイベントがキックオフ

2018.4.23MON
時間11:45(12:30開演)~18:30
会場アクロス福岡B2F イベントホール
参加費3000円 / 学生無料
チケットを購入 → スポンサーエントリー →

主催: 株式会社Pear

EC NEXUSについて

Festival for future EC in Japan

ECの未来を語る

ECのいい連鎖を生み出す

ECを発展させる

EC NEXUSとは、2018年4月23日にキックオフする、ECの未来を語り合うイベントです。
EC運営者・事業者様、EC関係の各種サービスを運営している企業様、これからEC業界に入ってくる方々など
EC業界をあらゆる方面からグロースさせていくイベントにしていきます。

日本のECを福岡から盛り上げ、
日本のいいモノをより多く世界へ送り出せるよう、
ECに関わる全ての方たちの力で、業界のさらなる発展を推進していければ幸いです。

日本のECを福岡から盛り上げ、日本のいいモノをより多く世界へ送り出せるよう、
ECに関わる全ての方たちの力で、業界のさらなる発展を推進していければ幸いです。

EC NEXUS 2018に参加するメリット

SESSIONS

EC NEXUS 2018のトークセッションスケジュールをご紹介します。

11:45〜 受付開始

12:30〜12:40 オープニング

12:40〜13:05 オープニングセッション

今更聞けないECの魅力〜本質的な理解でECの“今”が分かる

セッション詳細を見る
ネット通販が始まったのはわずか20年ほど前の話です。しかしながら、急激な成長で今やビジネスの中でも存在感を見せています。
実際、ネット通販のマーケットがどれほど成長していて、それはどう進化してきたからなのか。
また、このマーケットにおいては今どんなトレンドがあり、なぜトレンドとなっているのか。
日頃、様々なEC業界のニュースに触れているプロである石郷 学氏が最新情報を抑えながらお話しいたます。
この業界全体を俯瞰し、未来の店舗運営を、皆さんと共に考えることができれば幸いです。
石郷 学

ECのミカタ株式会社 「ECのミカタ」編集長石郷 学

13:15〜13:55

第 1 章:誰でもECにトライできる環境へ

セッション詳細を見る
たとえ、小さな店舗や個人で事業をやられている人であってもネットで商品を販売したいと思えば、安価で簡単にECを始められる時代になりました。
この章では、良いプロダクトを持っているものの販路に苦戦している地域のスモールビジネスに対してECがどういった影響を与えることができるのかを追求しています。
また、一歩踏み込んで、小規模店舗やその個人事業主たちがより「ものづくり」に集中できる環境をどのように生み出せるかも考えてみたいと思います。
池田 将

THE BRIDGE 共同創業者 兼 ブロガー池田 将

プログラマやエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、複数のシステム開発会社やコンサルティング会社を設立。
産経新聞、インターネットマガジンなどにスタートアップやインターネット・サービスに関するコラムを連載。
THE BRIDGE では、英語版の運用と海外スタートアップ・シーンの取材に注力し、日本国内外の企業やスタートアップの異市場向け進出・参入をメディアの立場から支援している。

鶴岡 裕太

BASE株式会社 代表取締役CEO鶴岡 裕太

1989年生まれ。2012年に22歳でBASE株式会社を設立。
「価値の交換をよりシンプルにし、世界中の人々が最適な経済活動を行えるようにする」をミッションに、決済の簡易化を主軸にした事業を展開。
Eコマースプラットフォーム「BASE」(ショッピングアプリDL数400万、ショップ開設数45万店舗)、ID型決済サービス・お支払いアプリ「PAY ID」(登録ID数100万ID)、オンライン決済サービス「PAY.JP」を運営。

阿部 雅幸

GMOペパボ株式会社 minne事業部 部長阿部 雅幸

2006年にpaperboy&co.(現 GMOペパボ株式会社)に入社。
「カラーミーショップ」でカスタマーサポート、「JUGEM」でマーケティング、「カラメル」で企画を担当した後、2012年に「minne(ミンネ)」を立ち上げる。
現在は、minneの事業統括とminneの想いを広めるべくminneのザビエルとして活動中。

青木 大介

株式会社さとふる 地域協働事業推進部 部長青木 大介

立教大学経済学部卒。
外資系金融機関にて高所得者層向け通信販売・ECの企画営業に従事。
その後国内ITベンダーの技術者を経て、2013年SBプレイヤーズ入社。
これまでのコマース、決済、ITの経験を活かし、SBプレイヤーズの新規事業として2014年の「さとふる」立上に参画。
2015年より事業企画部部長。2018年より地域協働事業推進部部長。

14:05〜14:45

第 2 章:消費者のニーズをつかむあらたなデータ活用

セッション詳細を見る
ECだからと言って、ネットの中の話だけ考えていればいいのでしょうか。企業がECでの展開を広げていくうえで、実店舗や卸売といったリアルでのビジネスとの関係性が課題になっているケースが多くみられます。
バズワードとして「オムニチャネル」という言葉を耳にするようになって、何年もたちますがその定義が実はあいまいで地方で再現できるレベルでの成功事例が少ないです。
この章では、購入者に寄り添った店舗展開をネット、リアルの垣根を越えて考えたいと思います。
島井 尚輝

株式会社Pear 代表取締役社長島井 尚輝

1994年生まれ23歳。九州工業大学情報工学部卒業。
学生クリエイターのクラウドソーシング「HorseTail」創設者
学園祭情報配信サービス「学フェス」のWeb開発とマーケティングを2年間経験して70校の加盟校と2万ユーザをつける。
その後、 フリーランスとして数十個のWebサイトの制作・運用を行った。2017年8月にPear設立し、OMNI-CORE(オムニコア)を発表。

竹田 正信

株式会社マネーフォワード MFクラウド事業推進本部 本部長竹田 正信

2001年に早稲田大学卒業後、インターネット広告代理店にて企画営業職に従事、その後2003年に株式会社マクロミルに入社し、インターネットリサーチの黎明期から、セールス、事業企画、経営管理部門等多岐にわたる業務に従事し、2008年取締役就任。
東証一部上場の総合マーケティング企業へと発展した同社の経営企画部門を主に管掌し、事業戦略、人事戦略、企業統合、新規事業開発を主導。
2017年、株式会社クラビス取締役・CFO就任。
2018年株式会社クラビスのグループ会社化に伴い、株式会社マネーフォワード MFクラウド事業推進本部 本部長に就任。

三寺 ダニエル.

ストライプジャパン株式会社 代表取締役ダニエル・ヘフェルナン

2014年に入社し、ストライプジャパンの立ち上げを担当。日本オフィスの代表として、これまで日本向け製品の開発や組織の拡大を行い、日本の事業を統括している。
ソフトウェア開発と日本に造詣が深く、18年間のプログラミング経験を持ち、15年前に日本語の勉強を始める。
Stripeに入社以前は、Cookpadでエンジニアを務める。東京大学にて情報理工学修士号を取得している。

金田 拓也

株式会社プレイド Business Accelerator金田 拓也

1985年生。早稲田大学卒業。2009年4月、新卒として株式会社マクロミルに入社し、財務経理を中心に担当。
2011年10月、株式会社じげんに入社後は経営企画を主務としつつ、人事/IR/上場準備などコーポレート全般を担当。
その後ヤフーグループの金融子会社となるワイジェイFX株式会社での経営企画業務を経て、2016年1月より株式会社プレイドに参画。
「KARTE」の営業やアライアンス等、ビジネス全般を担当。

14:55〜15:35

第 3 章:国内ECの将来を海外ECの今からきりとる

セッション詳細を見る
中国はEC売上高、EC化率ともに急成長していて、中国では小売を考える際にネットは避けて通れないものとなっています。
今後労働人口の減少が見込まれる日本にとっても、小売のIT化・EC化は遠くない将来間違いなく対応が必要になってくるもので、中国に学びを得ることも多いのではないでしょうか。
ECをどのように実店舗のブランディングにも繋げていけるのかを、海外の事例をもとに考えます。
中瀬 浩之

株式会社BENLY 代表取締役社長中瀬 浩之

富士通、デロイトトーマツで海外事業(M&A,ITコンサルティング)を経てBENLYを設立。
海外進出および越境ECを展開する上で必要となる越境ECサイト制作からマーケティング、そして倉庫/配送の越境ECバックヤード支援を提供している。
支援ECショップは4000社以上、越境ECについては圧倒的な知識量と経験を有している。

松永浩徳

株式会社ディージーワン 代表取締役社長松永 浩徳

総務省にて情報通信行政に携わった後、外資系コンサルティングファーム、スマートシティ企画株式会社の運営を経て、BenefitOneにてシステム部長を担う。
BenefitOneにてディージーワン設立に参画し、その後、代表取締役社長に就任。
行政、戦略アライアンス、組織変革、新規事業立ち上げ領域での経験に基づいてクラウドベースソリューションを活用し個々が個性を発揮できる中小企業活性化や地方創生での成果創出をめざしている。

吉田 皓一

株式会社ジーリーメディアグループ代表吉田 皓一

奈良県出身。防衛大学校を経て慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日放送入社。
総合ビジネス局にてテレビ CM の企画・セールスを担当したのち退職。2012 年㈱ジーリーメディアグループ創業。台湾人香港人に特化した日本観光情報サイト「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」(2015年 日経優秀製品サービス賞 最優秀賞受賞。月間100万UU超)を運営する。中国語に堪能(漢語水平考試最高級所持)なことから、「台湾で最もFacebookファン数の多い日本人」として台湾にてテレビ番組やCM出演、雑誌コラムの執筆なども行う。日本国内においても、台湾香港インバウンド関連のセミナーに多数登壇。現在は東京と台北を往復しながら、日本の魅力の発信につとめている。

齋藤 直

NHN JAPAN株式会社 パートナー事業部 事業部長齋藤 直

ダンロップスポーツ、トレンドマイクロ、アディダスジャパン を経て 2005年にヤフー社へ転職、7年間EC事業のマネージメントを経験
2012年にソニーペイメントサービス社
2016年より現職 2016年度 中小機構 越境ECマーケティング支援事業ディレクター

15:55〜16:35

第 4 章:地域や未来の配送について考える

セッション詳細を見る
ECと物流は切っても切り離せません。
それゆえ、EC業界では宅配各社の運賃やサービス内容の改訂への関心が極めて高いです。
これまで送料無料を売りにしていた店舗もサービスの見直しに頭を悩ませているのが現実です。
この章では、そういった状況を悲観するのではなく問題となっている再配達や需要予想などに対してどう乗り切るか、そして新たな取り組みを生み出せないかについて考えます。
吉田 透

株式会社Pear 取締役CSO吉田 透

1987年生まれ。在学中に広告物のデザインを行う事務所を設立し、アパレルブランドのVMDマネージャーなどを歴任する。
その経験をもとにリアル販売とネット販売をスタートする上場企業を含め300社以上のEC事業部の立ち上げや運営支援に関わる。
支援の中で見えてきた、事業者の悩み・つまずくポイントに共通点が多いことから2017年よりオンラインでオムニチャネル運営の悩みを解決・効率化する「OMNI-CORE」の開発に携わっている。

内山 智晴

Yper 株式会社 代表取締役内山 智晴

1985年福島県生まれ。京都大学大学院地球環境学舎修了。2012年より伊藤忠商事株式会社航空宇宙部に勤務し、航空機の販売及び改修、航空機装備品の国際開発案件に従事。2017年8月に同社を退職し、Yper(イーパー)株式会社を設立。社名の由来である"HYper"(最高)なサービスを作り続けることをミッションに、現在は置き配バッグOKIPPAを軸に、ラストマイル領域の物流効率化を目指す。

牧田恵里

株式会社tsumug 代表取締役牧田 恵里

1982年生まれ。東京理科大学卒業後、孫泰蔵氏率いるMOVIDAグループでスタートアップ支援を行い、2015年にモノ・情報・体験を紡ぎ、シェアリングエコノミーを加速する、tsumug(ツムグ)を設立。

山本 大祐

株式会社オプティム プラットフォーム事業本部 執行役員(AI・IoT事業責任者)山本 大祐

株式会社オプティム プラットフォーム事業本部 執行役員(AI・IoT事業責任者)
IPA未踏ユース2005年度スーパークリエイター
統合開発環境「ActiveBasic」開発者。
2018年、「モノタロウAIストア powered by OPTiM」の店舗立ち上げを行う。

17:20〜18:25

第 5 章:『田村淳のBUSINESS BASIC特別編~ECの衝撃!暮らしとビジネスはどう変わる!?~』(仮)公開収録

セッション詳細を見る
今や市場規模が10兆円を超えるEC。スマホやタブレットで、いつでもどこでもインターネットショッピングが当たり前の時代。
一方、企業はビッグチャンスを見出し次々と参入している。
果たして、ECはどこまで進化していくのか?そして、私たちの暮らしはどう変わる?
今回、eコマース関連で大注目の企業が集結し、公開収録ならではの、熱いセッションを展開。すでに事業を始めている方も、EC初心者も・・・目からうろこの1時間をお届けします。

【『田村淳のBUSINESS BASIC』 公開収録が決定!!】

EC NEXUS の第5章において、『田村淳のBUSINESS BASIC』(BSジャパン)に公開収録されることが決定いたしました!第5章のトークセッション1時間まるごとTV収録いたします!
ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんをお迎えしての収録となります。乞うご期待!

少しでも多くの方にEコマースの未来を共有できるように、今回、BS JAPAN様に協力いただきました。
淳さんのトークももちろんのこと、セッションの内容も大変興味深い内容が詰まっております!みなさま、ぜひ会場に足を運んでください。

【MC】田村淳(ロンドンブーツ1号2号)
【解説】高柳正盛(ビジネスメディア発行人)
【進行】天明麻衣子(フリーアナウンサー)
【出演企業】クルーズ株式会社 取締役 張本貴雄

GMOメイクショップ株式会社
福岡支社 取締役 九州開発担当
古屋智久

株式会社ヤプリ
マーケティング エバンジェリスト
金子洋平